スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

待機児童問題はビジネスチャンス



↑↑↑※ここから登録すると初めから250ptのポイントがもらえます!!↑↑↑

メニューへ


最近待機児童問題が話題になっています。
子供を産んで子育てをすると仕事になかなか復帰できなくなってしまって……なんてこともあると思います。
実際に待機児童問題に直面しているお母さんと話すと「保育所に入れるためには仕事を見付けないといけないし、仕事を見つけるためには保育所を見付けなければいけない。卵が先か鶏が先か。これではいつまで経っても保育園に入れない」と言う話を耳にします。確かにお母さんにとっては頭が痛い話ですね。
しかし、問題がある所にはビジネスチャンスがあるということを忘れてはいけません。

子育てで仕事ができないのなら、子育てを仕事にすればよいのです。
……いや、子育てで仕事はできないでしょって?そうでもありませんよ。
例えばベビーシッターマッチングサイトというのがあります。
これは個人契約のベビーシッターに当たるもので、ベビーシッターをしたい人が募集を書き、それを見た人で希望する人が自分の子供を預けます。これなら自宅でできるので、自分の子供の面倒を見ながら他人の子供の面倒を見れば、それでお金が入るようになります。

最近ベビーs-ッターにまつわる事件があったので(富士見市ベビーシッター事件)、その点心配する人も数多くいますが、それでも預けたいという人は少なからずいるでしょう。少なくともこれを心配するのは預ける側であって、預かる側は何も心配する必要がありません。
預かる責任や保護者との問題を心配する人もいるでしょうが、基本的には時給を高めに設定すると大丈夫です。というのも、やはり給料が高い層は裕福な層が多いため、変にトラブルを起こして自分の身を滅ぼすようなことを避ける傾向があるからです。需要がなければ徐々に値段を下げるなどして調整すればよいでしょう(値段は資格によって変わるため、現状では時給1500円程度で希望すればよいでしょう)。なお、少人数を預かるだけでしたら特別な資格は必要ありません。慣れてきたら複数人を同時に見れば、給料は二倍三倍と増えていきます。

特に資格がある人は積極的にこういうサービスをやってみると良いと思います。現状なら普通に働くよりは儲かるでしょうね。

メニューへ

↓↓↓※ここから登録すると初めから250ptのポイントがもらえます!!↓↓↓
スポンサーサイト

株式投資で絶対に損をする方法-株取引の心構え-



メニューへ



タイトルは誤植ではありません。株の初心者でなんとなく買ったという人の中には、「そりゃ、そんなやり方でやったら損をするでしょう」というやり方でやる人がいます。今回はそんなケースを紹介させていただきます。

まず、何のために株をやるのかについては二つの目的があると思います。
一つは「好きな企業を応援したい」あるいは「ほしい配当品がある」。いいことだと思います。ただ、それは別にテクニックとかが必要な話ではありません。株を買って持っていてあげてください。買えば買うほど株価は上がりますし、会社が続く限り配当はもらえる可能性があります。

もう一つは「お金を儲けたい」ということです。実際株をやる人は大半の方がこちらの目的ではないかと思います。これが大問題です。つまり、株をやる人は私も含めて例外なく「少しでもお金がほしい」という欲望があるわけです。

だから、株価が上がると、もっとあがるのではないかと期待してそのまま様子を見たりします。逆に株価が下がると損害が大きくならないように慌てて売ったりします(「損切り」と言います)。
つまり、下図のAのタイミングで売らずに、Bのタイミングで売ってしまうわけです。これでは損をして当たり前です。
結果的に株価が下がるまで待って売っていることになるのですから。

株価

客観的に見たら「えー、馬鹿じゃないの?こんなことやるわけない」と思うかもしれませんが、これは意外と多く見かけることです。
なぜかと言うと前述したように、株をやる人間は欲望でやっているからです。
Aの時点ではこれから株価がさらに上がるのか、それともまた下がるのかなんてことはわかりません。そこで「今まであがってきたのだからまた上がるだろう」と希望的観測をしてしまい、売り時を逃すことに繋がるのでしょう。逆に自分の金が減ってくると、すさまじい恐怖が襲ってきます。また上がると予測しているときでさえ、この恐怖は耐え難いものがあります。ましてや予想外に下がったときには心臓が凍る思いがします。なので下がると傷口が大きくならないうちに慌てて売ってしまうわけです。

しかも性質が悪いのは株は後から見返したら模範解答が見れることです。
今回だと最初にできる限り大量に買ってからAで売って、Bでまた買えば良いとわかるでしょう。ただ、それが途中までしか情報がないタイミングではわかりません。例えば上のグラフで、あなたは右端からどう変化すると予想しますか?いかにもこのまま伸びそうですよね?でも一瞬後には暴落している可能性もあるのです。それが株の取引です。

ここで教訓にしたいことは二つ。
① まずは自分が欲望から株をやっていて、冷静でないことを自覚してください。
② 株で理論上最大の利益を上げることは神でもなければ不可能です。最大利益の10%も利益を得れば大成功だと思ってください。

自分でも株取引をしているとき、不安になることがあります。その時は「自分は冷静ではない」「最大利益の10%で大成功だ」と言い聞かせることではやる気持ちを抑えて落ち着いて利益を出すことができることも多いです。
この二つは絶対に肝に銘じておいてください。


メニューへ

素人でもできる小遣い稼ぎ・資産形成などの方法について



メニューへ


普通に働いて給料を稼ぎ、銀行で貯金をして……というのも一つの生き方だとは思いますが、やはり資金は少しでもほしいものだと思います。
私は比較的そのようなことには関心がある方で、いろいろと調べ実践してきました。ここでは私が実践している方法や調べた方法などについて記載していきます。
ここで紹介するのは大まかな方法であり、詳細についてはまた別に記載しようと思っておりますし、メニューに適宜挙げていきます。

なお、私は「ノーリスク or ローリスク」を担保しながら、その中から可能な限りハイリターンを求めるのが基本方針です。
さらに、基本的に理屈はすべて話しますので、納得ができなければスルーしてください。

ここで紹介するのは以下の5つとなっております。

・お小遣いサイト:ローリスクローリターン。学生など時間はあるが資金がない人向け。手続きも簡単で誰でもできる。
・アフィリエイト:ノーリスクだがリターンはほぼゼロから数十万まで幅拾い。サイト作成の基礎知識が必要。
・ふるさと納税:ローリスク。リターンは価格と個人の感性次第。手続きがちょっと面倒くさい。税金を納める人全員向け。
・不動産投資:ハイリスク。リターンは期待できないので管理人は手を出していない。
・株式投資:ハイリスクハイリターン。始めるまでは手続きが煩雑ですが、一度はじめると手続きは簡単です。

★お小遣いサイト
・私の使うサイト:げん玉

過去に何度かげん玉について説明させていただいたことがあります。
手法としては以下のようになります。

1.お小遣いサイトに捨てアドレスで登録
2.サイトで無料登録などを繰り返し、広告費という名のお小遣いをゲット

なぜ無料で小遣いを手に入れるかの構造についてはこちらに、収益を得るためのお勧めの方法はこちらに記載してあります。また、注意事項についてもこちらに記載してあります。

この方法は「ローリスク」というのが最大の魅力です。うっかり自分のアドレスで登録するとスパムメールが送られてきますし、詐欺コンテンツも一部含まれますので、その点で「ノーリスク」とならないのは残念ですが。
割と時間をとられる割にリターンはせいぜい月1000円くらいと、コスパはあまりよくないかと思います。ただし、元資も要りませんし学生など時間に余裕があっても資金不足が慢性的な人であればお勧めできます。また、その他の人でもネットでの買い物などでポイントサイトを経由するだけでキャッシュバックが増えますので(1%とかですが)、そういった意味ではお勧めです。

また、げん玉はこのサイトでもあるように紹介制度を使用することでアフィリエイトのような使い方もできます。

★アフィリエイト
・私の使うサイト:google adsenseバリューコマース

アフィリエイトで収益を得る構造は非常にシンプルです。

1.アフィリエイトのサイトを登録し、自分のサイトに広告を貼る
2.その広告を閲覧者がクリックしたり購入すると収入が入る

この方法のメリットはまったくノーリスクであることです。サイト作成はここのブログみたいにFC2のものを使ったり、FC2wikiでも広告の貼り付けはできます。サイト作成にはいくらかの知識が要りますが、それについても追々記載していきましょう。
ただし、サイトというと夢があるようですが、実際はほとんど来訪者がいないサイトが大半です。広告をクリックしたり買ってくれる人はさらにレアです。なので、リターンは基本的にはほとんどないと思ってください。例えばこのサイトは100ページくらいページ数があり、小規模とはいえなくなりつつありますが、それでもほとんど積極的な広告をしていないこともあって、月数千円程度しか収入がないと思います。まあ、ほとんど放置でそれだけ入るのが高いという見方もあるでしょうが。
ただし、ある程度以上の規模のサイトがないと、そもそもアフィリエイトの申請を受け付けてもらえませんが、げん玉などのサイトがおまけで広告をやっていることもありますので、とりあえずはそういったものをアフィリエイトとして貼っておいてもよいでしょう。利益の保証はしませんが。
とりあえずは趣味でサイトを作って、ある程度大きくなったら申請してみて、申請が通ったら広告を貼るという感じで気軽にやるとよいでしょう。アフィリエイト目当てにサイトを作るというのは期待はずれに終わる可能性が高くあまりお勧めはしません。

ただし、大手のゲーム攻略サイトの一番大きいサイトをつかんだりなど、大規模サイトを掴めばびっくりするくらい収入が入ります。
自分は最盛期ならアフィリエイトのみで月30万くらい稼いでいましたが、多分もっと大金を稼いでいる人もいるでしょう。ただし、それは相当な運と先見の明が必要になると思います。

なお、バリューコマースについてはバリューポイントクラブというのがあり、お小遣いサイトと同様、購入することでいくらかの金額がキャッシュバックされる機能を備えています。

★ふるさと納税
・私の使うサイト:楽天

名前は有名になっていますが、意外と使用されていないのがふるさと納税です。
ふるさと納税の構造はやや複雑なのもハードルが高い一員でしょうか(公務員が絡むと仕方ないです)。

1.こちらのサイトで自分の条件に合った上限額を調べる。
2.楽天などで「ふるさと納税」のものを検索し、その上限の範囲内で購入する。
3.確定申告をするか、ワンストップ特例制度の申請をする。(自分は確定申告にしています。源泉徴収表を用意して確定申告書作成コーナーを使用すると簡単に作成できます)

上限金額内であれば自己負担2000円でお礼がもらえることが特徴です。
一般のふるさと納税サイトを使用してもよいのですが、楽天を使用する理由は、ポイントがバックされるからです。
ポイントバックが多いサイトを選べば2000円の自己負担で3000円バックされてさらに寄付品をもらえるという、「ローリターンハイリターン」状態となります。何をもらうか迷った場合には商品券の系統などを選択し、ネットオークションで売れば換金することも可能です。
リスクといえば手続きをミスってしまう可能性くらいでしょうか。ただ、ふるさと納税の証明書さえなくさなければ、何とかはなります。

★不動産投資
私の使うサイト:なし

ある程度貯金ができてくると嫌でも投資の話が出てくると思います。
私が真っ先に調べたのが不動産投資でした。書籍も数冊買い、様々なサイトを調べ、実際にリスクとメリットを比較してみました。
その結果「不動産投資にデメリットに勝るメリットはなし」という結論でした。それは以下のような理屈です

不動産投資というのは補助金を用いてマンションを購入し、他人に貸すことで長期的な利益が得られるというのが基本方針です。
ただ、基本的に所有権は自分にありますので、管理は自分でしないといけません。そうなると手間が多いので管理会社に委託することになります。ただ、設備の取替えやメンテナンスについては別費用がかかります。また、賃貸物件が売れればいいですが、借り手がいなければ負債だけが残ります。
よく不動産経営をする基準として「利回り」という表現がされます。例えば3000万円の物件を月10万で貸すと、年120万入るので25年で元を取れる計算になります。
自分は特にこれに違和感を覚えました。新築で3000万で買ったマンションなら、確かに月10万で貸せるかもしれません。でも築20年となった同一物件を月10万で貸せるでしょうか?ほぼ確実に価値は落ちているでしょう。
月5万とかになっているとさらに利回りが落ちますし、それどころか借り手ゼロの可能性や、壊れてしまう可能性だってあります。たまたま運よく開発されて値段が上がる可能性があるなら話は違いますが。
さらに、管理会社や不動産会社などの仲介業者が非常に多いため、投資家に残される利益は非常に少なくなっているようにも感じられました。

なので、自分は結局手を出していませんが、調べた中では住まいサーフィン辺りが一番誠実かな、とは思いました。ただ、実際には試しておりませんのでわかりません。

★株式投資
・私の使うサイト:マネックス証券

投資といえばこれ、というくらい代表的なものです。
一度はじめるとサイトで購入したり売ったりするだけで、非常に簡単です。入金出金も一瞬でできます。
ただし、開始までの手続きが煩雑です。手続きの開始はマネックス証券など、証券会社のサイトを参照してください。自分は手続き不備で手紙が2往復くらいする羽目になりました。

株式の取引というとやはり危険なイメージがあるかと思います。
自分もそのとおりだと思います。非常に危険であり、何も考えずにテキトーに手を出すと確実に火傷すると思います。自分も慣れないころはよく失敗しました。

自分は経済学なんてまったく知識のない理系人間ですが、何度か取引をするうちに「損をしない方法」に関するロジックはいくつかできてきました。自分は理系人間だけに、理系的に論理だけで攻めたいというのが始めたきっかけでしたが、まあまあ成功していると言ってよいでしょう。また別ページを作って紹介していきます。メニューの方から探してみてください。
例によって完全に理詰めですので、おかしいというところがあれば手を出さないようにしてください。私も気づかないようなおかしなところがあるかもしれませんので。


メニューへ


フレッツ光は解約しにくい



↑↑↑※ここから登録すると初めから250ptのポイントがもらえます!!↑↑↑

メニューへ


今度引越しをすることになりました。
経験した人なら分かると思いますが、引越しはただ家を変えるだけではすみません。
役所の手続きの他、電気やガス、水道、インターネットなどのインフラ整備など、やることはたくさんあります。、

今回、それに当たってインターネット回線の変更をする事にしたのですが、ここでトラブルが生じました。

すなわち、NTT西日本の解約のハードルが非常に高いのです。
まず、「フレッツ光 解約」で検索して出てくるページには宣伝しか書いていない。
明記はされていないけど「解約に当たっての注意事項はこちら」を選択すると、解約の注意事項が出てくる。
案内に「開通前のお申し込み取り消しや、開通後のご解約をご希望の方はこちら」というところで「0120-116-116」を選択します。
まあ、これしかないので電話をかけてみました。

すると多くのフリーダイヤルにあるように案内のアナウンスが流れ、対応するダイヤルを押すように促されるのですが……。
解約の選択肢がありませんでした。
仕方なく「その他」を選択してダイヤルしました。
すると本人確認の後に「この地域での解約は違う事務所になりますので……」と言われ、違うダイヤルへの転送。
だったら最初からそっちのダイヤルをネットに開示しろよ……。
(ちなみにこの電話番号で検索しても「電話帳ナビ」以外はヒットしませんでした。キーワードを変えてもダメでした)

込み合っているといわれ30分程度待たされた上でようやく電話が繋がるような状態。
そして馬鹿高い違約金を吹っかけられてようやく解約。

法的にはギリギリ問題ない範囲内でしょうが、一個一個が解約妨害をしているような印象でした。

このあとプロバイダの方の解約もしないといけません。

さすがにおかしいだろうと思ってネット検索をかけると・・・・・・出るわ出るわ、解約に悩む人。

早めに手を切って正解だったかな・・・・・・。



メニューへ

↓↓↓※ここから登録すると初めから250ptのポイントがもらえます!!↓↓↓

我が家の授乳環境



↑↑↑※ここから登録すると初めから250ptのポイントがもらえます!!↑↑↑

メニューへ

前(授乳・育児 楽を出来る便利グッズ 安心できる子育てグッズ)へ | 次()へ


前回は授乳グッズについて記載させていただきましたが、今度は具体的にどのようにして授乳環境を作っているのかを解説していきます。

まず、我が家では授乳に関して妻の枕元に以下の物品が置いてあります。タライ以外は全て前回紹介させて頂いておりますので、詳細はそちらを参照してください。
なお、子供(新生児)は妻の隣で寝ています。また、母乳+人工乳の環境で育てています。

哺乳瓶(上記の消毒ケースに入っています)
ペプチドミルク E赤ちゃん
ピジョン 調乳ポット かんたんミルクづくり(うちは常時スイッチオンにしていますが、普段は切っておいても必要時3分くらいで作ってくれます。必ず赤ちゃんが触れないところに置きましょう)
・水を張ったタライ(一応下にキッチンタオルも敷いています)
TKSM-016 ヨーグルトファクトリーPREMIUM
ピジョン 電子レンジスチーム&薬液消毒ケース
赤ちゃんの純天然のアルカリイオン水 2L

子供が泣き出して授乳の必要が生じそうになったら、まずは消毒ケースから哺乳瓶を取り出し、中に適切な量の粉ミルクを入れます。
調乳ポットのお湯をミルクへと注ぎ、哺乳瓶の乳首を取り付けてから振り混ぜて溶かします。
下の図のように哺乳瓶の上の方を持ち、ミルクの底を左右に大きく振るようにするとこぼさず簡単に混ぜることが出来ます。

ミルク振り


ミルクが溶けたら水を張ったタライに哺乳瓶を付け、哺乳瓶で水を軽くかき混ぜるようにしてミルクを冷やします(この時乳首に水が付かないように注意する必要があります)。
時々哺乳瓶を取り出して下図のようにして温度が適切かを確認します。下の図は厚生労働省のサイトからの引用です。最終調整は後でしますので、ここではある程度ならずれていても構いません。

ミルク確認


ヨーグルトファクトリーに哺乳瓶ごと投入し、蓋をしてからスイッチをオン、「プレーン」のボタンを押して保温を開始します。

温まるのを待つ間、母乳を与えます。
飲み終わったら、 ヨーグルトファクトリーに入れておいた人工乳を取り出し、与えます。

飲み終わった哺乳瓶は枕元においておきます。

実はこれでほぼ終了です。授乳時間を除いて5分以内の操作でミルクの準備が出来ます。
哺乳瓶は三本ありますので、三本とも空になるか、夜中に入る前で消毒した哺乳瓶を三本用意しておきたい時には、哺乳瓶を専用の洗剤で洗い、消毒ケースに50mlの水と共に入れてから電子レンジで5分程度加熱します。
加熱をしたら枕元にもっていき、いつでも使えるようにしておきます。加熱直後は熱くなっていますので少し冷ましてから持っていくか、赤ちゃんが触れない位置に置いておいてください。

調乳ポットの水は適宜追加します。少なくなったまま放置すると空焚きになりますので注意が必要です。
また、たらいの水は1日1回程度交換します。

最初のうちはミルクを作るにも時間がかかるし、煮沸消毒で15分くらい取られるし、哺乳瓶は夜中でも洗うたびに使用しないといけないし、ミルクは温度調整に失敗して赤ちゃんが下痢になるしで、散々苦労していました。
しかし、こうして環境を整えると夜中に部屋から出なくていいし、赤ちゃんも調子を崩しにくくなるしで母子共に良い環境となりました。

この記事がこれから赤ちゃんを育てるお母さん達の参考になれば幸いです。
次からは徒然なるままに子育ての工夫を書いていこうと思います。

前(授乳・育児 楽を出来る便利グッズ 安心できる子育てグッズ)へ | 次()へ

メニューへ

↓↓↓※ここから登録すると初めから250ptのポイントがもらえます!!↓↓↓
AD
※げん玉のお得な利用法のまとめはこちら!!

※ここから登録すると250ptお得です!!
検索フォーム
プロフィール

Author:匿名
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
リンク
AD
※ここから登録すると250ptお得です!!
QRコード
QR
AD
※ここから登録すると250ptお得です!!
検索フォーム
げん玉
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。