スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冷凍庫の故障の修理完了


↑↑↑※ここから登録すると初めから250ptのポイントがもらえます!!↑↑↑

メニューへ


購入直後の冷蔵庫の冷凍室が壊れました。
こちらが使用していたのは三菱のMR-P15W-Sというタイプで、購入から数か月で冷蔵庫下部の冷凍室のドアが閉まらなくなり、呆れたものです。
冷凍室は引き出し式になっており、上部に隙間ができるため冷気が漏れてしまい、冷凍されていたものが解けるという事態でした。いうなればそれだけなんですが、冷凍室の機能を考えるとこれは致命的です。冷凍室なのに冷凍できないわけですから。
最初は少し冷気が漏れる程度でしたが、だんだんと症状はひどくなり、気が付けば上部に5cm程度の隙間が空いている始末。冷凍室内の多くの食品類などが解凍されてしまい、ほとほと困り果てておりました。

さて、こういう場合の対処法についてネット検索をすると
①冷凍室の奥に物が挟まっていることが多いため取り除く
奥に限らず、閉める際に引っかかりそうな部分に何か挟まっていないかを確認します。奥だと冷凍室内の者が落下するとすぐに症状が出現するため、非常に起こり易い症状であり、発見もしやすいですが、冷凍室の下などは意外と盲点になりそうです。
②パッキンを確認する
汚れていたりでこぼこしていたら閉まらなくなる原因になるようです。汚れなら取り除けばいいですが、でこぼこしている場合には取り替えるしかないので結局は修理を頼まないといけないかもしれませんね。
③床が悪くなっている
床が悪くなると足に均等に力がかからないため冷凍庫全体がゆがんでしまい閉まらなくなってしまうことがあるようです。この場合は床を補強したり冷蔵庫ごと移動するしか対処ができないでしょう。

さて、これらを調べてみたのですが、駄目でした。
そこで冷凍室を分解して閉まらない原因を考えていきます。
すると、答えは案外シンプルでした。
こういった引き出し式の冷凍室は構造的に以下のようにアーム部分と扉部分があるようです。
一見すると冷凍室自体が扉とくっついているようですが、実際にはアームの部分にプラスチックや金属の枠があり、そこに籠が乗るような形で冷凍室と一体化しているようです。
reitou.jpg

そして閉まらなくなった原因はと言いますと、下のようにアームの部分と扉の部分の接続がゆがんでしまったせいだったようでした。

reitou2.jpg

さて、どうやって修理をするか。
もちろん、力づくです。

腕力で扉の部分を逆方向にゆがませたら元通り。これで修理は完了しました。
これからは冷凍庫の中のものが溶けたりせず、快適に過ごせそうです。

メニューへ

↓↓↓※ここから登録すると初めから250ptのポイントがもらえます!!↓↓↓
スポンサーサイト

DHC サプリメントの危険性


↑↑↑※ここから登録すると初めから250ptのポイントがもらえます!!↑↑↑

メニューへ


もはや説明不要だと思いますが、渡辺代表がDHCの吉田会長に8億円の借り入れをしており、選挙運動資金ではなく個人的に使用していた問題があがっております。
まあ渡辺代表は恐らく詐欺ということになるのでしょうが、ではこの吉田会長ってどうよ、と個人的には思います。

さて、率直に言いますと、こちらはDHCは大嫌いです。なぜか、というなら、詐欺師だからです。

まず、サプリメントですが、大半のサプリメントは効きません。
効くとすれば、妊娠期の葉酸の摂取や、鉄欠乏性貧血時の鉄剤(ほかの原因の貧血には効かない)程度のもので、あとはよほどの偏食がない限りはほとんど意味がありません。

さて、そもそも医薬品とサプリメントの違いは何でしょうか。
細かい違いはありますが、決定的な違いは医薬品は「医師や薬剤師の指導のもとに使用されるもので、特定の病気に対して薬効や用法のあるもの」であり、サプリメントは「特定成分が多く含まれる食品」として解釈されていると言うことです。
例えばビタミン剤にしても「悪性貧血の治療」を目的として使用される葉酸は医薬品ですが、「妊娠期の栄養補給に」使われる葉酸はサプリメントです。
前者は「悪性貧血」という病気がありそれを治療するために医師の指導のもとで使用されるため、医薬品となりますが、後者は「栄養補給」が目的のためサプリメントとなります。
しかし、この違いも曖昧で、例えば女性が生理出血のせいで鉄欠乏性貧血となり、鉄剤を薬局で購入した場合、鉄欠乏性貧血という病気があるにもかかわらず、鉄剤はサプリメントとして解釈されることもありますが、一般薬品で「鉄欠乏性貧血に対する効果がある」とされる薬剤もありますので、医薬品として摂取することも可能です。
そのような細かい違いについては他サイトに譲るとしまして、問題は医薬品と違い、サプリメントは薬剤ではなく食品として解釈されていると言うことです。
それらは保険機能食品や一般食品に分類されていますが、医薬品に比べると法的規制は非常にゆるい。
つまり、重大な副作用がある場合、医薬品なら認可が絶対に下りませんが、サプリメントなら降りることがあるのです。
そのため、人体に害があるような悪質な商品が平気で出回っている。当然DHCはそのことを認識しているはずですが、にもかかわらず、それを販売し続けています。

こちらも何も知らない学生時代には頭が良くなると信じてDHAなどを購入して飲んでいたりしていましたが、これも神聖時期ならともかく、成人したら有効性がないことが証明されている。なのに「頭脳労働の多い人や受験生にお勧め」として売られている。
DHAの販売ページを見てください。
「記憶力や集中力の維持、リラックスした気分にはたらくとされています。」と書いてあります。
はい、誰も効くとは言っていませんね。そりゃそうです。効きませんから。

これもトリックがあります。
コーヒーを「感冒に効く」として売り出したら犯罪です。薬事法に触れます。カフェインの作用で呼吸は多少楽になるものの風邪には効きません。
しかし、「コーヒーがアフリカから西洋に渡った時には万病に効くとされた」と書いて売ることは犯罪ではありません。それは事実ですから。なので、DHCはDHAについて上記のような遠回しな書き方をして、法的規制を逃れているのです。

ビタミンAやビタミンEなどは逆に摂取によって有害事象が出ることが証明されています。
一応これについてはDHCの商品ページに書いてありますが・・・・・・「脂溶性ビタミンは体内に蓄えられるので、摂り過ぎにならないよう適量な摂取を。」「【注意】本品は過剰摂取をさけ、1日の摂取目安量を超えないようご注意いただく商品です。」これだけです。前者はある程度知識がある人にしか意味わからないでしょうし、知識がある人に注意をする意味はありません。後者は定型句のようなもので、気にする人はいません。
そもそも過剰摂取したらどうなるのか、その説明はありません。その方が売れますからね。

まあ、売れるものを売って何が悪いと言うこともありますが、大半の日本人には効きもしないものをあたかも必要であり健康に良いかのように書いて堂々と高額で販売している会社を信用しようと言うのが無理な相談です。

大半のサプリメントは効きません。それでも時と場合によっては聞くことがあるから絶対とは言えないのですが、効くケースよりも有害になるケースの方が圧倒的に多いことは認識しておくべきです。
体に変調があるなら医師に相談すべき。
自己判断でサプリメントなんて使っても多くの場合はただの無駄遣いです。

人間の悩みの三大条件は、人間関係、健康問題、金銭問題であると言います。そのうち一つである健康上の悩みに付け込んで効きもしない健康食品を売りつけるDHC。私がこの会社を嫌いな理由、少しは伝わったでしょうか?
世の中はあまりにも詐欺があふれています。こんな会社が大手市場になることがおかしいのですが、マスコミはDHCなどの健康食品会社から大量の献金をもらっているので、口をつぐんでいます。
DHCの宣伝、ミキプルーン、財宝温泉水、ブルーベリーアイなど、健康食品の広告を流さないチャンネルが果たしてどれくらいあるでしょうか。
こういった大人の事情もあって正確な情報が伝わらなくなっています。
騙されないように注意してください。内服前にせめてある程度の情報はきちんと調べるべきだと思います。

メニューへ

↓↓↓※ここから登録すると初めから250ptのポイントがもらえます!!↓↓↓

安倍総理大臣が百貨店で買い物をしたことに対して


↑↑↑※ここから登録すると初めから250ptのポイントがもらえます!!↑↑↑

メニューへ


安部総理が増税後初めて百貨店で買い物をしたことが話題になっています。

こちらは消費税増税についてはそれほど否定的ではありません。消費の低迷があるとはいえ、税金はどこかから取らないといけないですし、資産家に対する締め付けを強くすると自民党の所得税上限対策のページで書いたような、日本全体の国力の低下が生じますし、庶民や貧困層の締め付けを強化するのもやはり問題となります。個人的には生活保護層はもう少し締め付けてもいい気がしますが・・・・・・まあそれは置いておきましょう。

一方消費税は国民が均等に負担することとなります。消費に対する税なので、金持ちだろうと貧困層だろうと関係ありません。それに消費税は1000万円以下だと免税となりますので、小規模の商店などが価格競争でやや有利となります。まあ、仕入れに消費税がかかるので据え置きとまでは行かないでしょうが、それでも免税となっている限りは有利であるといえるでしょう。こう考えると消費税増税は国民全体に平等に負担があり、小規模商業者にもメリットがあるため、まあないならないに越したことはないでしょうが、政策としては悪くないとは思います。・・・・・・このタイミングでどうか、というのは思わなくはないですし、逆に景気が冷え込む可能性もあると言われればそれまでなんですがね。

しかし、それを考えてもこのアピールはないと思いました。
自分が決めた消費税増税後に高級百貨店で4万円分の買い物をして、「高くなったと実感した」と発言。それは怒りますよ。
しかも、国民を撹乱するために、当初東急百貨店で買い物を予定していたのを変更して三越にした、ということから、消費税増税に対して国民に正面から向き合うことはせず、騙すようなまねをしたとまで解釈されます。

こちらは自民党の政策について評価できる部分はあると思います。国民にどう思っているかは別として、理に適っている政策をやっている印象はあります。
・・・・・・まあ、とはいっても自民党自体は嫌いなので投票したことはないんですけどね。毎回小規模政党のうち、現実的な政策を打ち出しているところに投票していますが、自民党の政策もまあそれなりの評価はできるのではないかと思っています。

しかし、信頼を得るために大切な国民感情というものをまったく考えていません。
庶民においては1万円の買い物はかなり勇気が必要だと思います。高級百貨店で4万円分の買い物なんて、したいしたくない以前に金をどぶに捨てるみたいな印象があってできません。安い店で済ませます。
その感覚は庶民にしかわからないでしょう。
それに対してこんなアピールでは消費が促進されることなどないでしょうし、自民党の印象が悪くなるだけです。

政策の意義は認めても支持はできない。汚れ役を買って出てもらっているのはわかりますが感謝ができないんですよね。
まあ、お坊ちゃんだから仕方ないですが、もっと国民に向き合うような政策にしていただきたいものです。
上から目線で「こう決めたから」と言って国民に負担を強いる。こんな姿勢では支持などされるわけないでしょうに。
それは政策が正しいとか、正しくないとか、そういった問題ではないのです。

その他の政策もその傾向がありますが、安部政権は裏で何か企んでいそうなこともありますが、国民に向き合っておらず、お上から命令するだけなので、全く信頼できない。
政策の善し悪し以前の問題として、そう思っている国民も多いのではないかと強く実感した一件でした。

メニューへ

↓↓↓※ここから登録すると初めから250ptのポイントがもらえます!!↓↓↓
AD
※げん玉のお得な利用法のまとめはこちら!!

※ここから登録すると250ptお得です!!
検索フォーム
プロフィール

匿名

Author:匿名
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
リンク
AD
※ここから登録すると250ptお得です!!
QRコード
QR
AD
※ここから登録すると250ptお得です!!
検索フォーム
げん玉
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。