スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間関係の機微の勘違い



↑↑↑※ここから登録すると初めから250ptのポイントがもらえます!!↑↑↑

メニューへ


たまには理系っぽいことを話そうかと思います。
よく、仲がうまくいっていない夫婦で、「夫は帰ってきても家事をやってくれない」と主張する妻の話が出てくると思います。
ネットなどでこういう話になると、「夫は疲れて帰ってきているのに家事をやる必要などあるのか」「家事なんて仕事に比べたら楽な分際で何を言っている」などと炎上することが必至です。女性側は「家事は24時間拘束されている」「給料が出ないし評価もされない」などという意見で応酬しますが、やはり一般的には男性の意見の方が論理的には正しいように見えます。
変わり種の反論としては「女性は仕事を量ではなくて数で考える。だから男性がしていることは『仕事』、女性がしていることは『料理』『掃除』『洗濯』などで、やっていることは女性の方が多いと考える」などと主張している人もいました。
しかし、これらは多くの場合間違いであると、こちらは考えます。

いくつかの事例を紹介しましょう。

一つ目は日常的によくあることです。
熱したやかんに手を触れた時、思わず手をひっこめたことはないでしょうか?
これについて「何で手を引っ込めたの?」と聞くと多くの人は「やかんを触って、熱かったから手をひっこめた」と口にするでしょう。しかし、この時点ですでに矛盾が生じます。
何故なら、一般的には手をひっこめる方が「熱い」と認識するよりも早いからです。なので実際には「やかんを触って手をひっこめたら熱かった」と言うのが正しくなります。
何故こんなことになるのかと言いますと、熱いものを触った時、その刺激は一旦脊髄に達して、そこで脳に「熱いという事実」を伝えに行くと同時に運動中枢に「手をひっこめろ」と指令を下します。脳に行くより腕に行く方が情報の伝達が早いですから、こんな逆転現象が起こってしまいます。動物界では考えるより先に動かないといけないことも多いので非常に理に適った話です。

では何故「熱かったから手をひっこめた」などという嘘を言うことになるのでしょうか?

それは「熱い」という事実と「手をひっこめた」という事実があって、大脳が辻褄を合わせるために「熱いから手をひっこめた」と言う風に解釈してしまうからです。こういうことは意外と日常的にごろごろしています。


次の事例です。
ロボトミー手術と言う手術をご存知でしょうか?
昔精神病の特効的な治療として行われたもので、右脳と左脳を完全に切り離します。一般的に左脳な論理を司る、右脳は感性を司るとされています。
なので、右脳と左脳を切り離した時、人間の意識は主に左脳側が支配しており、左脳でしか「認識」できないはずなのに、右脳の方も自律して動いているという複雑な事態になります。
なお、この手術は人道的に問題だとされており、今では行われておりません。

さて、この患者、左脳でしか認識ができないので、眼球と視神経の構造上自分の右側にあるものしか認識ことができません。ただし、左側にあるものについては右側が独自に反応をします。

この患者の正面に博士が立って、自分をずっと見ているように指示した後、この患者の左側に非常に面白い無声動画を見せたとします。そうすると患者はそれを見て大笑いします。そこで博士が「なぜあなたは笑っているのですか?」と問うと「博士の顔が面白いから」と答えたというのです。
面白かったのは無声動画のはずです。なぜそんな嘘を口にしたのでしょうか?

それは、無声動画を見て笑っているのは右脳の反応ですが、左脳はその事実を知らないからです。
左脳にとっては「自分は笑っている。だけどその原因がわからない」状態となります。そこで目の前に博士がいるという事実を取り出して「自分が笑っているには原因がある。目の前には博士しかいない。だから私が笑っているのは博士が面白いからだ」と言う風に解釈してしまい、「博士の顔が面白いから笑っているのだ」という結論が出てきます。


話を戻しましょう。
もちろん、「ずっと夫が家事をする文化に育ってきたから、家事をしない夫にはそれだけで腹が立つ」などの例外はあるでしょうが、多くの場合、妻は「夫は帰ってきても家事をやってくれない」から怒りを感じているのではないのです。

日常的に夫に腹を立てていることがありますが、そのような苛立ちの原因を自分では自覚していないのでしょう。そこで夫が帰ってきて家事をせずに休むものですから、脳は「自分は腹を立てている」「夫は家事をしてくれない」という事実を用いて解釈をして「夫が家事をしてくれないことが不満だ」と思い込んでしまうのです。
当然元々の原因は「家事をしないこと」にはないわけですから、それについて正当性を述べたところで無意味です。まずはその「原因のよくわからない苛立ち」を解消しなくてはなりません。

家事に限らず、仕事にかまけて家庭のことを顧みられていないとか、愛情を伝えられていないとか、そういったごく些細な不満が積もり積もっているだけなのかもしれません。
恋愛は門外漢ですが、上記のようなことがあった場合にはもっと根深い原因があるのではないかと考えて、少し付き合い方を見直してみてはいかがでしょうか。

メニューへ

↓↓↓※ここから登録すると初めから250ptのポイントがもらえます!!↓↓↓
スポンサーサイト
AD
※げん玉のお得な利用法のまとめはこちら!!

※ここから登録すると250ptお得です!!
検索フォーム
プロフィール

匿名

Author:匿名
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
リンク
AD
※ここから登録すると250ptお得です!!
QRコード
QR
AD
※ここから登録すると250ptお得です!!
検索フォーム
げん玉
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。