語調は理論を凌駕する


↑↑↑※ここから登録すると初めから250ptのポイントがもらえます!!↑↑↑

メニューへ


舛添要一氏が「ジジイ・ババアは、金持ってんですよ!消費税上げたらあの年寄りからも取れるんだよ!」 ことが話題となっています。

この記事で舛添氏に反発をした人も少なくないでしょう。
……でもちょっと待ってください。なんで反発してしまうんでしょうか?

恐らく「ジジイ、ババア」「金持ってんですよ」「お年寄りからもとれるんですよ」この辺のセリフではないでしょうか?

でも、その部分って本質的な部分でしょうか?
舛添氏の主張は「所得税を上げると負担は若年者にかかることになる。だから消費税を上げることで老人『にも』税がかかるようにしよう」ということのはずです。
この意見は非常に正しいと思います。
しかし、語調が悪いせいで、その本質を見ようともせず反発をしてしまう。書き方が違えばまた受け取り方が違います。
例えば「所得税の引き上げを行うと貧困にあえぐ若年者に多大な負担がかかるようになる。だから国民全体でその負担を分担し日本と言う国を支えていきましょう」という言い方にすれば、多少は反発も少なくなるでしょう。
ネット上でも内容よりも語調の方に気を取られた意見が多く、残念に思った部分はありますが……それ以上に問題なのは「マスゴミは『語調が論理を凌駕する』ことを知っていて、敢えてこういった語調を書くことが多い」ということです。
物事の本質を見せず、ただの怒鳴り声だけで本質を見失わせ意見を誘導しようとする。マスゴミの常套手段です。
このようなくだらない記事に惑わされないようにしたいものですね。

さて、よく「富裕層から税金を」という意見が出ていますが、私はこの意見は大嫌いです。
この世の中では努力した者が多く報酬をもらい、努力しなかったものが将来的に苦労するのは当たり前です。
小中高と散々遊びまわって大人になってから「金がない。自分達が苦労しているのに裕福な生活をしている富裕層は許せない」と権利を主張し、努力をした者から資産をむしり取ろうとする。
まさに現代風アリとキリギリスです。

金儲けしたいなら努力すればいいだけ。怪我をしたとか病気をしたとか、やむを得ない事情があったら仕方ないでしょう。でも、今の世の中成人するまでは散々遊びまわっといて、大人になってから権利を主張する人があまりにも多い気がします。

「裕福な生活をしたいんだったら努力したらよかったじゃない」それが当たり前です。
「いやいや、努力したくてもできない環境だってあるんだよ」と言う人もいるでしょう。その人たちがどの程度努力したか聞きたいものですね。18歳までの努力量は富裕層の半分もないと思いますよ。受験業界に携わり、「死ぬ気で努力してきた子」とほどほどに勉強して「こんなに努力しているのに成績が上がらない」と言っていた子と、両方見ていますからよく知っています。ちなみにうちの塾では後者の生徒でも学校の成績はトップクラスです。一般的な学生は恐らく18歳までに富裕層の2割も努力していません。それで同じ報酬がほしいというのだからお笑い草です。

そして実際にはこちらが見ていた成績トップの子(平日でも1日6時間の勉強、難関中合格、恐らく医学部志望)と最下位の子(1日1、2時間程度。恐らく普通の商社レベル)でも予想生涯賃金は大体1.5倍程度です。
このような現実を知ってくると、本当に日本という国はくだらないと思います。
こんな努力が報われない国はない。塾でかつて教えていた身として、酷い憤りを感じました。生徒には当然言いませんでしたが、薄々感じてくることでしょうね。

こんな国が発展するはずがない。それなのにさらに「富裕層から金をとれ」とか、日本を滅亡させたいとしか思いません。そんな共産主義的な発想をしていたら国が潰れるに決まっている。共産主義が栄えた試しはないのです。

今は難しいでしょうが、努力が報われるような国を作る政党に投票したいと思います。そうでないと成績トップだった子が本当に不憫で仕方がない。

メニューへ

↓↓↓※ここから登録すると初めから250ptのポイントがもらえます!!↓↓↓
スポンサーサイト
AD
※げん玉のお得な利用法のまとめはこちら!!

※ここから登録すると250ptお得です!!
検索フォーム
プロフィール

匿名

Author:匿名
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
リンク
AD
※ここから登録すると250ptお得です!!
QRコード
QR
AD
※ここから登録すると250ptお得です!!
検索フォーム
げん玉