スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍総理大臣が百貨店で買い物をしたことに対して


↑↑↑※ここから登録すると初めから250ptのポイントがもらえます!!↑↑↑

メニューへ


安部総理が増税後初めて百貨店で買い物をしたことが話題になっています。

こちらは消費税増税についてはそれほど否定的ではありません。消費の低迷があるとはいえ、税金はどこかから取らないといけないですし、資産家に対する締め付けを強くすると自民党の所得税上限対策のページで書いたような、日本全体の国力の低下が生じますし、庶民や貧困層の締め付けを強化するのもやはり問題となります。個人的には生活保護層はもう少し締め付けてもいい気がしますが・・・・・・まあそれは置いておきましょう。

一方消費税は国民が均等に負担することとなります。消費に対する税なので、金持ちだろうと貧困層だろうと関係ありません。それに消費税は1000万円以下だと免税となりますので、小規模の商店などが価格競争でやや有利となります。まあ、仕入れに消費税がかかるので据え置きとまでは行かないでしょうが、それでも免税となっている限りは有利であるといえるでしょう。こう考えると消費税増税は国民全体に平等に負担があり、小規模商業者にもメリットがあるため、まあないならないに越したことはないでしょうが、政策としては悪くないとは思います。・・・・・・このタイミングでどうか、というのは思わなくはないですし、逆に景気が冷え込む可能性もあると言われればそれまでなんですがね。

しかし、それを考えてもこのアピールはないと思いました。
自分が決めた消費税増税後に高級百貨店で4万円分の買い物をして、「高くなったと実感した」と発言。それは怒りますよ。
しかも、国民を撹乱するために、当初東急百貨店で買い物を予定していたのを変更して三越にした、ということから、消費税増税に対して国民に正面から向き合うことはせず、騙すようなまねをしたとまで解釈されます。

こちらは自民党の政策について評価できる部分はあると思います。国民にどう思っているかは別として、理に適っている政策をやっている印象はあります。
・・・・・・まあ、とはいっても自民党自体は嫌いなので投票したことはないんですけどね。毎回小規模政党のうち、現実的な政策を打ち出しているところに投票していますが、自民党の政策もまあそれなりの評価はできるのではないかと思っています。

しかし、信頼を得るために大切な国民感情というものをまったく考えていません。
庶民においては1万円の買い物はかなり勇気が必要だと思います。高級百貨店で4万円分の買い物なんて、したいしたくない以前に金をどぶに捨てるみたいな印象があってできません。安い店で済ませます。
その感覚は庶民にしかわからないでしょう。
それに対してこんなアピールでは消費が促進されることなどないでしょうし、自民党の印象が悪くなるだけです。

政策の意義は認めても支持はできない。汚れ役を買って出てもらっているのはわかりますが感謝ができないんですよね。
まあ、お坊ちゃんだから仕方ないですが、もっと国民に向き合うような政策にしていただきたいものです。
上から目線で「こう決めたから」と言って国民に負担を強いる。こんな姿勢では支持などされるわけないでしょうに。
それは政策が正しいとか、正しくないとか、そういった問題ではないのです。

その他の政策もその傾向がありますが、安部政権は裏で何か企んでいそうなこともありますが、国民に向き合っておらず、お上から命令するだけなので、全く信頼できない。
政策の善し悪し以前の問題として、そう思っている国民も多いのではないかと強く実感した一件でした。

メニューへ

↓↓↓※ここから登録すると初めから250ptのポイントがもらえます!!↓↓↓
スポンサーサイト
AD
※げん玉のお得な利用法のまとめはこちら!!

※ここから登録すると250ptお得です!!
検索フォーム
プロフィール

匿名

Author:匿名
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
リンク
AD
※ここから登録すると250ptお得です!!
QRコード
QR
AD
※ここから登録すると250ptお得です!!
検索フォーム
げん玉
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。