ゆとり世代について



↑↑↑※ここから登録すると初めから250ptのポイントがもらえます!!↑↑↑

メニューへ


本日「行列のできる法律相談所」という番組を見ていると「ゆとり世代に腹が立ったこと」というのが出ていました。
こちらはゆとり世代ではありませんが、部下にはゆとり世代の者が何人もいます。総じてレベルが低いという印象はありません。

この番組ではゆとり代表として「藤田ニコル」「大倉士門」の二名が番組出現していました。二人ともモデルですが、自分たちがサンドバックとして参加しているのに周りは年配の人ばかりで気を遣わないといけないし、かといってゆとり世代の弁護もしないといけないしで、とても可愛そうな構図となっていました。ネットではゆとり代表の二人は「ゆとりの中でも出来が悪い」という批判があったみたいですが、こちらはそうは思いません。叩かれながらも頑張って上を立てながら、会話に参加する姿は同情ものでしたし、学力はともかく良い子たちなのだろうと思わせられました。
ゆとり以外のメンバーではアンジャッシュの渡部だけが冷静に物を見て二人のフォローに回っており、見直しました。前から彼のキャラは好きでしたけどね。

さて、具体的な批判内容として

・冷酒を持って来いと言ったら日本酒に氷を入れて持ってきた。
・打たれ弱いので気を遣われていてもそれに気付かない。
・表情のない奴が多い
・情報ツールに惑わされ過ぎていて個性がない
・指示通りに動くが、自分からは動かない
・プライベートを優先して上司とのコミュニケーションを取りたがらない。

などが上げられていました。まあ、見ていてもアホかと思いますが、一つ一つ見てみましょう。

・冷酒を持って来いと言ったら日本酒に氷を入れて持ってきた。
知らないならそれくらいのミスはしても仕方がないし、笑って許すべき内容ですよね。発言者はミスをしたことがないのかと。

・打たれ弱いく、気を遣われていて名指しされずに注意されてもそれに気付かない。
確かに打たれ弱い印象はあります。気を遣われていて気付かないのは仕方がない気がしますが、これについては上手く注意してあげてくださいとしか。一応後述します。

・表情のない奴が多い
感情を表に出すと何言われるかわからないですからね。

・情報ツールに惑わされ過ぎていて個性がない
情報ツールがインターネットということで反発を買っているんでしょうが、そもそも上の世代はどうしているのでしょうか?
情報元として他人の話を聞いてみたり、トライ&エラーで場当たり的にやっているだけでしょう。方法論が違うだけで批判するのはいかがなものかと。

・指示通りに動くが、自分からは動かない
これもありますが、逆に動くように教えるときちんと動いてくれます。余計なことを勝手にされる方が迷惑です。
実験の世界では知らずに触ると実験材料が感染してしまい台無しになることもあります。こちらはそんな危険な感染物や劇物は扱っていませんが、勝手なことをして他人や自分に危険を与える可能性もあります。

・プライベートを優先して上司とのコミュニケーションを取りたがらない。
これも世代の特徴でしょうね。

そもそもゆとり世代の特徴をネットで調べると「打たれ弱い」「ITに頼り過ぎ」「自信はあるが実践に弱い」「指示待ち傾向」「明確な将来プランがない」などが出てきます。自分はゆとり世代より少し上ですが、案外当てはまっているところが多いのが面白いですね。

まず、ゆとり世代とはいっても、そもそもゆとり教育が原因ではないと思います。このような性格傾向は時代が反映されたものでしょう。

そもそもゆとり世代を取り巻く環境はどのようなものなのでしょうか?
まず、彼らの世代の少し上は非常に理不尽な根性論で鍛え上げられてきました。納得のいかない理由で注意されたり、わけのわからないルールがあったり、とにかく根性論が酷い時代でした。その反省もあり、教育はより合理的に変化してきています。そして給与は年々減少しているのに税金は急増し、物価も大幅に上昇しています。一方で奨学金などの制度も改悪され、折角払った年金を受け取れる見込みもない。さらには終身雇用の制度は崩壊し、いつリストラや倒産になるかもわからない、痴漢冤罪などで将来が終わるかもしれない、そんな不安に常にさらされなければなりません。
一方で結婚ができなかったり、女性の社会進出で結婚しても共働きになり仕事に他い家事もやらないと行けなくなったりと、ストレス要因には枚挙に暇がありません。

このような背景を見ると、ゆとり世代の特徴も何となくわかってきますね。
つまり、ゆとり世代は最初から強いストレスにさらされ続けており、しかも合理的な思考を優先するように育てたられた世代なのです。なので、「今の仕事が失敗したら人生が終了する」と何となく思っているのです。だからブラック企業であって生きるためなら続けます。ストレスに弱いのも当たり前です。最初からストレスがすごいのですから。指示待ち傾向も「失敗をしたくないと思っている」と考えると納得できるでしょう。
一方で上司とコミュニケーションを取りが足らないのもこの傾向が原因のように思います。つまり、ゆとり世代は上司が非常に怖いのです。ある意味当然でしょう。上司が自分の生殺与奪の権を握っていることになるのですから。いつでも自分を殺せる相手と親しく話すことができますか?しかも割と上司の年代はキレやすい人や理不尽な発言をする人が多かったりもしますからね。なおさらでしょう。自分はゆとり世代とは比較的うまくやれていますが、これももしかしたら自分が出世を左右できる地位ではないからかもしれませんね。
個性がないのもさもありなん。余計なことをして職を失ってはいけませんからね。
一方で正社員の労働時間は伸びてきていますし、仕事が効率化されているために密度は非常に濃厚となっています。また、時代の変化もあり、覚えないといけないことが非常に多いため、体力を大きく消耗します。
普段から慢性的に疲労しているのに、プライベートを犠牲にすることなどできるはずもありません。特に男性の場合にはストレスがたまるとひきこもる性質が強いですので、一種の逃避のようなものなのかもしれません。

さて、論点がずれてきましたが、ゆとり世代は上の世代に比べても合理主義で優秀な人材が多い印象です。
当たり前の合理性で付き合うと非常に良い戦力となります。屋根瓦形式で若い世代に指導を任せるのも一つかもしれません。
問題があると考えるなら環境を上手く整えるのも大切だと思います。

メニューへ

↓↓↓※ここから登録すると初めから250ptのポイントがもらえます!!↓↓↓
スポンサーサイト
AD
※げん玉のお得な利用法のまとめはこちら!!

※ここから登録すると250ptお得です!!
検索フォーム
プロフィール

匿名

Author:匿名
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
リンク
AD
※ここから登録すると250ptお得です!!
QRコード
QR
AD
※ここから登録すると250ptお得です!!
検索フォーム
げん玉