我が家の授乳環境



↑↑↑※ここから登録すると初めから250ptのポイントがもらえます!!↑↑↑

メニューへ

前(授乳・育児 楽を出来る便利グッズ 安心できる子育てグッズ)へ | 次()へ


前回は授乳グッズについて記載させていただきましたが、今度は具体的にどのようにして授乳環境を作っているのかを解説していきます。

まず、我が家では授乳に関して妻の枕元に以下の物品が置いてあります。タライ以外は全て前回紹介させて頂いておりますので、詳細はそちらを参照してください。
なお、子供(新生児)は妻の隣で寝ています。また、母乳+人工乳の環境で育てています。

哺乳瓶(上記の消毒ケースに入っています)
ペプチドミルク E赤ちゃん
ピジョン 調乳ポット かんたんミルクづくり(うちは常時スイッチオンにしていますが、普段は切っておいても必要時3分くらいで作ってくれます。必ず赤ちゃんが触れないところに置きましょう)
・水を張ったタライ(一応下にキッチンタオルも敷いています)
TKSM-016 ヨーグルトファクトリーPREMIUM
ピジョン 電子レンジスチーム&薬液消毒ケース
赤ちゃんの純天然のアルカリイオン水 2L

子供が泣き出して授乳の必要が生じそうになったら、まずは消毒ケースから哺乳瓶を取り出し、中に適切な量の粉ミルクを入れます。
調乳ポットのお湯をミルクへと注ぎ、哺乳瓶の乳首を取り付けてから振り混ぜて溶かします。
下の図のように哺乳瓶の上の方を持ち、ミルクの底を左右に大きく振るようにするとこぼさず簡単に混ぜることが出来ます。

ミルク振り


ミルクが溶けたら水を張ったタライに哺乳瓶を付け、哺乳瓶で水を軽くかき混ぜるようにしてミルクを冷やします(この時乳首に水が付かないように注意する必要があります)。
時々哺乳瓶を取り出して下図のようにして温度が適切かを確認します。下の図は厚生労働省のサイトからの引用です。最終調整は後でしますので、ここではある程度ならずれていても構いません。

ミルク確認


ヨーグルトファクトリーに哺乳瓶ごと投入し、蓋をしてからスイッチをオン、「プレーン」のボタンを押して保温を開始します。

温まるのを待つ間、母乳を与えます。
飲み終わったら、 ヨーグルトファクトリーに入れておいた人工乳を取り出し、与えます。

飲み終わった哺乳瓶は枕元においておきます。

実はこれでほぼ終了です。授乳時間を除いて5分以内の操作でミルクの準備が出来ます。
哺乳瓶は三本ありますので、三本とも空になるか、夜中に入る前で消毒した哺乳瓶を三本用意しておきたい時には、哺乳瓶を専用の洗剤で洗い、消毒ケースに50mlの水と共に入れてから電子レンジで5分程度加熱します。
加熱をしたら枕元にもっていき、いつでも使えるようにしておきます。加熱直後は熱くなっていますので少し冷ましてから持っていくか、赤ちゃんが触れない位置に置いておいてください。

調乳ポットの水は適宜追加します。少なくなったまま放置すると空焚きになりますので注意が必要です。
また、たらいの水は1日1回程度交換します。

最初のうちはミルクを作るにも時間がかかるし、煮沸消毒で15分くらい取られるし、哺乳瓶は夜中でも洗うたびに使用しないといけないし、ミルクは温度調整に失敗して赤ちゃんが下痢になるしで、散々苦労していました。
しかし、こうして環境を整えると夜中に部屋から出なくていいし、赤ちゃんも調子を崩しにくくなるしで母子共に良い環境となりました。

この記事がこれから赤ちゃんを育てるお母さん達の参考になれば幸いです。
次からは徒然なるままに子育ての工夫を書いていこうと思います。

前(授乳・育児 楽を出来る便利グッズ 安心できる子育てグッズ)へ | 次()へ

メニューへ

↓↓↓※ここから登録すると初めから250ptのポイントがもらえます!!↓↓↓
スポンサーサイト
AD
※げん玉のお得な利用法のまとめはこちら!!

※ここから登録すると250ptお得です!!
検索フォーム
プロフィール

匿名

Author:匿名
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
リンク
AD
※ここから登録すると250ptお得です!!
QRコード
QR
AD
※ここから登録すると250ptお得です!!
検索フォーム
げん玉