スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

株式投資で絶対に損をする方法-株取引の心構え-



メニューへ



タイトルは誤植ではありません。株の初心者でなんとなく買ったという人の中には、「そりゃ、そんなやり方でやったら損をするでしょう」というやり方でやる人がいます。今回はそんなケースを紹介させていただきます。

まず、何のために株をやるのかについては二つの目的があると思います。
一つは「好きな企業を応援したい」あるいは「ほしい配当品がある」。いいことだと思います。ただ、それは別にテクニックとかが必要な話ではありません。株を買って持っていてあげてください。買えば買うほど株価は上がりますし、会社が続く限り配当はもらえる可能性があります。

もう一つは「お金を儲けたい」ということです。実際株をやる人は大半の方がこちらの目的ではないかと思います。これが大問題です。つまり、株をやる人は私も含めて例外なく「少しでもお金がほしい」という欲望があるわけです。

だから、株価が上がると、もっとあがるのではないかと期待してそのまま様子を見たりします。逆に株価が下がると損害が大きくならないように慌てて売ったりします(「損切り」と言います)。
つまり、下図のAのタイミングで売らずに、Bのタイミングで売ってしまうわけです。これでは損をして当たり前です。
結果的に株価が下がるまで待って売っていることになるのですから。

株価

客観的に見たら「えー、馬鹿じゃないの?こんなことやるわけない」と思うかもしれませんが、これは意外と多く見かけることです。
なぜかと言うと前述したように、株をやる人間は欲望でやっているからです。
Aの時点ではこれから株価がさらに上がるのか、それともまた下がるのかなんてことはわかりません。そこで「今まであがってきたのだからまた上がるだろう」と希望的観測をしてしまい、売り時を逃すことに繋がるのでしょう。逆に自分の金が減ってくると、すさまじい恐怖が襲ってきます。また上がると予測しているときでさえ、この恐怖は耐え難いものがあります。ましてや予想外に下がったときには心臓が凍る思いがします。なので下がると傷口が大きくならないうちに慌てて売ってしまうわけです。

しかも性質が悪いのは株は後から見返したら模範解答が見れることです。
今回だと最初にできる限り大量に買ってからAで売って、Bでまた買えば良いとわかるでしょう。ただ、それが途中までしか情報がないタイミングではわかりません。例えば上のグラフで、あなたは右端からどう変化すると予想しますか?いかにもこのまま伸びそうですよね?でも一瞬後には暴落している可能性もあるのです。それが株の取引です。

ここで教訓にしたいことは二つ。
① まずは自分が欲望から株をやっていて、冷静でないことを自覚してください。
② 株で理論上最大の利益を上げることは神でもなければ不可能です。最大利益の10%も利益を得れば大成功だと思ってください。

自分でも株取引をしているとき、不安になることがあります。その時は「自分は冷静ではない」「最大利益の10%で大成功だ」と言い聞かせることではやる気持ちを抑えて落ち着いて利益を出すことができることも多いです。
この二つは絶対に肝に銘じておいてください。


メニューへ

スポンサーサイト
AD
※げん玉のお得な利用法のまとめはこちら!!

※ここから登録すると250ptお得です!!
検索フォーム
プロフィール

匿名

Author:匿名
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
リンク
AD
※ここから登録すると250ptお得です!!
QRコード
QR
AD
※ここから登録すると250ptお得です!!
検索フォーム
げん玉
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。